犬のしつけ方

2009年6月 8日 16:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

犬のしつけの基本的な考え方は、犬に飼い主の意思をしっかりと伝えて理解させることです。人間の子供をしつける場合と同じで、悪いことをした時はしっかり叱り、いいことをした時はしっかり褒めて愛情を持ってしつけをすることが重要です。「叱る」「褒める」この繰り返しによって、何がいいことで、何が悪いことかを理解していきます。犬のしつけは愛情を持って、じっくり時間をかけてしていきましょう。
犬のしつけ方で大切になるのが、「褒める」ということです。ただし、前で述べたように「叱る」ことも忘れてはいけません。「褒める」「叱る」の具体的なやり方を簡単にまとめてみましょう。
犬をしつける時の褒め方としては、犬が心地よいと感じる頭や首をなでながら、声をかけながら褒めてあげるようにしましょう。犬の目線に合わせて、犬の目を見ながら声をかけてあげることが大切です。
叱り方の基本としては、悪いことをしたらその場で叱るようにします。その状況下で叱らないと、なぜ叱られているのか理解できないからです。犬のしつけで叱る時は、低い声でしっかりと叱るようにします。「ダメ」「コラ」など飼い主の意思をきちんと伝えるようにして下さい。しかし、怒鳴り散らすような叱り方は、犬に恐怖心を与えてしまいますので、犬のしつけとしては好ましくありません。愛情のある叱り方で指導するようにしましょう。

 

 スープダイエット  ダイエットスープ  浮気調査
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

犬のしつけが必要な理由
犬のしつけが、生活面、安全面ともにしっかりされていれば、どんな環境でも飼い主の指示をきちんと聞くことができます。それにより、犬の安全守ることも、周囲へ迷惑を掛けることもなくなるので、より快適な生活が送れるはずです。
犬のしつけをする前に
犬のしつけをする前に、または犬を家族として招き入れる前に、飼い主としての心構えを持っていて欲しいものです。
犬のしつけ方
犬のしつけ方で大切になるのが、「褒める」ということです。ただし、前で述べたように「叱る」ことも忘れてはいけません。「褒める」「叱る」の具体的なやり方を簡単にまとめてみましょう。
犬のしつけで大切なこと
犬のしつけで気になるのが、具体的にどうしつけを行っていくかですが、犬のしつけ方法だけでなく大切なことがあります。それは、犬をしつける飼い主さんに覚えておいてもらいたい内容です。
犬のしつけでダメなこと
犬のしつけで避けたい項目がいくつかあります。今あなたが行っているしつけでこのようなことがないか確認してみましょう。
犬のしつけに適した時期
犬のしつけは、子犬の時に行うのが良いとされています。子犬の時期の生後3~12週の期間は「社会化期」と言われていて、犬にしつけをしやすい環境と言われています。
犬にトイレをしつける
トイレの場所、トイレの習慣が把握できたら、排泄のタイミングを見計らって、トイレに連れて行くようにします。
犬のしつけ教室
犬のしつけでお困りの方、忙しくて犬のしつけまで手が回らない方など、犬のしつけ教室を利用してみてはいかがでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/234

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する