犬のしつけでダメなこと

2009年6月 8日 16:08 | コメント(0) | トラックバック(0)

犬のしつけで避けたい項目がいくつかあります。今あなたが行っているしつけでこのようなことがないか確認してみましょう。
「犬を体罰でしつける」
体罰が必要な場合もありますが、基本的に叩くことで犬をしつけるのは好ましくありません。飼い主との信頼関係をきちんと築くためにも、叱るということも重要なことなのです。
「叱らないしつけ」
犬は群れを理解する動物です。悪いことをしても叱らないしつけの場合、自分の属する家庭を群れと考えるため、自分がその家庭のリーダーだと勘違いするようになります。飼い主に牙を向いて大きな怪我につながる可能性も大きくなりますので、悪いことをしたら叱るようにしましょう。
「ご褒美を与えすぎる」
犬がしつけた通りに行動したからといって、すぐにご褒美を与えるのは良くありません。犬がご褒美を与えないと言うことを聞かなくなってしまいます。ご褒美の与え方には注意しましょう。
「褒めないしつけ」
犬がしつけ通りに行動したのに、褒めてあげないのは犬が可哀想です。厳しいだけのしつけは、犬が人間を恐れる環境を作ってしまいます。いいことをした時はしっかりと褒めてあげるが大切です。
もし、このようなことに心当たりがあるのなら、犬のしつけ方を見直したほうがいいでしょう。愛情をもって犬をしつけることで、正しいマナーを身に付けてあげるようにして下さい。

 

 断食ダイエット  ダイエット食品の口コミ  雑炊ダイエット
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

犬のしつけが必要な理由
犬のしつけが、生活面、安全面ともにしっかりされていれば、どんな環境でも飼い主の指示をきちんと聞くことができます。それにより、犬の安全守ることも、周囲へ迷惑を掛けることもなくなるので、より快適な生活が送れるはずです。
犬のしつけをする前に
犬のしつけをする前に、または犬を家族として招き入れる前に、飼い主としての心構えを持っていて欲しいものです。
犬のしつけ方
犬のしつけ方で大切になるのが、「褒める」ということです。ただし、前で述べたように「叱る」ことも忘れてはいけません。「褒める」「叱る」の具体的なやり方を簡単にまとめてみましょう。
犬のしつけで大切なこと
犬のしつけで気になるのが、具体的にどうしつけを行っていくかですが、犬のしつけ方法だけでなく大切なことがあります。それは、犬をしつける飼い主さんに覚えておいてもらいたい内容です。
犬のしつけでダメなこと
犬のしつけで避けたい項目がいくつかあります。今あなたが行っているしつけでこのようなことがないか確認してみましょう。
犬のしつけに適した時期
犬のしつけは、子犬の時に行うのが良いとされています。子犬の時期の生後3~12週の期間は「社会化期」と言われていて、犬にしつけをしやすい環境と言われています。
犬にトイレをしつける
トイレの場所、トイレの習慣が把握できたら、排泄のタイミングを見計らって、トイレに連れて行くようにします。
犬のしつけ教室
犬のしつけでお困りの方、忙しくて犬のしつけまで手が回らない方など、犬のしつけ教室を利用してみてはいかがでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/232

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する